最高の射精をするには禁欲とセフレ掲示板の活用がポイント?

『最高の射精』というのを経験したことはありますか?射精というのはそれだけで男性を気持ちよくしてくれそうですが、なんとなく出しているだけでは「なんかあまり気持ちよくないな…」と感じやすくなります。

そしてそういう微妙な射精が続くと、EDの原因になることもあるでしょう。これは大げさに聞こえそうですが、実際にマンネリがEDにつながったというケースは珍しくなく、長く男らしさを維持するなら『どうやって気持ちよく出すか』を考えないといけません。

これまで最高の射精を経験していなかった人は、禁欲とセフレ掲示板の活用を検討してみましょう。

*毎日の射精は気持ち良さを損ねる?

射精というのは気持ちいいため、できれば毎日でもしたくなるでしょう。覚えたての頃はそれでもかなり気持ちいいと思いますが、ある程度出すことに慣れてくると、毎日出してしまえば気持ち良さが損ないます。

というのも、射精というのは『一度にどれくらい精子が出せるかで気持ち良さが変わる』という特徴があるのです。そして精子は1日そこらでは満タンにはならず、せめて3日は禁欲しないと最高の気持ち良さに到達しません。

*やっぱり魅力的なセフレとするほうが気持ちいい

男性の股間はとても正直であり、相手によって勃起力が異なります。魅力的に感じる女性が相手なら顔を見るだけでも興奮するでしょうし、逆なら相手に触られてもなかなか立ちません。そして勃起力が弱いと射精量が激減し、当然なら気持ちよくなれません。

このため、気持ちよく出すには魅力的なセフレは欠かせないでしょう。人によって好みがありますので、より多くの女性が集まるサイトで相手探しをすべきです。

*禁欲後にセフレ掲示板を活用すれば最高の射精もしやすい

まとめると、『最高の射精をするなら禁欲後にセフレ掲示板を活用して魅力的な女性とセックスする』となります。このどちらかが欠けても最高の射精にはなりませんから、妥協しないのがポイントです。

「禁欲はともかく、そんなに都合よくセフレが見つかるの?」と疑問に思うかもしれませんが、人気の高い掲示板なら意外と見つけやすいです。

*射精が気持ちよくないと感じてきたら試す価値あり

先ほども書きましたが、射精を繰り返していると気持ち良さも半減しますから、「最近は気持ちよく出せないな…」と感じたら、今回の方法を試す価値があります。

最高の射精を経験できれば、「またセックスしたいな」というモチベーションにつながるでしょう。